Real thing.

f:id:kati-bow:20180914171703j:plain

どきわくどきわく。

不安と期待が拮抗する旅立ちは、スパイスとハーブが効いている。

満席につき、急遽ロンドン経由になるフライト。

名前を間違えたホテル。

タクシー乗り場に突っ込んで怒られたレンタカー。

慣れない右側通行と理解できない道路標識。

言葉が通じないホストに仕草でのコミュニケーション。

いても立ってもいられず、ブローの森へ。

 

ああ、Real thingの世界にきたんだなと思う。

初めて見たクライミングビデオの場所。

ベン・ムーンとジェリー・モファットがタイツ姿で暴れまわる映像を思い出す。

美しい森。

散見する巨大ボルダー。

シワシワのホールド。

それが、今、目の前に。

泣くかと思ってたけど、そんなことなかった。

 

意外と簡単なことだったんだなと思う。

休みを取って、スマホで飛行機と宿と車をピピっと手配するだけ。

それだけのことだったんだなと感じる。

何を尻ごみしてたんだろうって自分を責めたくなる。

けれども、そんな簡単なことほど、困難なのもわかってる。

何気ない目標、計画、約束を実現するのが割と難しいのを経験してきたから。

 

なので、現実にブローでボルダリングをする自分を認めてやりたい。

「初めて見たクライミングビデオがブローだったから、初めての海外クライミングもブローにした。」

遅くなったけれど、体現したのだから。

これからも、目標や計画や約束を現実に。

すぐには出来なくても、いつかは出来る、オレにも出来る。

何気ないことをReal thing に。