101回目のクライミング。

 f:id:kati-bow:20171118122806j:image

今日で、年間岩場101日目。

30分という時もあったので、101回目と言うべきでしょうか。

まあ、大事なのは、量より質です。

下手な鉄砲は、数を打っても当たりませんね。

思うような成果は、得られてないです。

とはいえ、楽しんでます。

そういう意味で、質の高い登りはしているのかもしれません。

 

一人で通い続けたアプローチ。

クソ暑い中での無謀な花崗岩へのトライ。

雨の日の岩探し。

仲間とのムーヴ談議と馬鹿話。

遠征での友人との再会。

熊との邂逅。

岩場の整備に掃除などなど。

フルーツパフェのように、充実しています。

 

純粋にエンジョイする。

それが大事な気がします。

初登、グレード、課題、ジム、リード・・・

いろいろあるし、何でもいいのですが、自分なりの価値観を持つことが大事かなと思います。

ライミングの魅力は、人それぞれですから。

みんな、違う物差しを持って当たり前です。

 

経験上、無理して他人に合わせると苦しくなります。

理由はどうあれ、登りたい課題やスタイルを決めるのは自分です。

誰それが登っているからとか、これが出来ないと恥ずかしいとか考えると、途端につまらなくなってきます。

振り返れば、自分がやりたいことを見失っていたからでした。

今は、ボルダーが楽しくても、後々、ジムにハマるかもしれません。

それで、良いんだと思います。

物差しの色、デザイン、大きさだって、いろいろあるのだから。

その好みは、時代や心情に合わせて変化していくものです。

変わらなくても良い。

ともかく、「自分で物差しを探して選ぼうぜ。」と自身に言い聞かせてます。

 

でも、楽しい本当の理由を知っています。

いや、ようやく気が付きました。

あの岩場に行った、あの課題を登った。

一般社会では理解し難い喜び。

それを、「すげーな!」、「やったね!」と分かち合える友人。

自分みたいな堅物を受け止めてくれる場所。

今、そういう人に囲まれ、そういう場にいるのが分かる。

だから、楽しいんだろうな。

課題を落とせたら、もっと楽しいのになぁと思った101回目のクライミングでした。