峠。

f:id:kati-bow:20170625165122j:imagef:id:kati-bow:20170625165127j:image

午前中は、大丈夫だろうと115線に出る。

その途端に、雨がフロントガラスを叩く。

パラパラというリズムに合わせて、行き先変更。

高速に乗り、東北、磐越、北陸道

満を持して、長岡で降りる。

前々から暖めていた計画、「継乃助ドライブ」。

 

河井継乃助記念館は二つ存在します。

長岡と只見。

それを辿ろうというわけです。

長岡は生誕の地。

只見は終焉の地。

どうせなら一気に回ってやろうと、考えてました。

 

司馬遼太郎さんの「峠」が、河井継乃助を知ったきっかけです。✳︎

その舞台にいると思うと不思議な感じがしますね。

長岡から只見までは、結構な山道でした。

八十里越と呼ばれ、難所だったようです。

車で二時間くらいでしょうか。

その険しい道を、負傷した体で担架に乗りながら越えてきた。

その継乃助の精神力。

担架を担いできた部下。

彼が、いかに強く、慕われる人間であったかが伝わってきたような気がします。

小説の結末が蘇り、目頭が熱くなりました。

 

そして、この本を紹介してくれた友人を思う。

一番好きな本だからと渡してくれた事を。

彼とは、別の峠に向かうことになりましたが、一緒に峠越えをしてたら、どうだったかなと考える時があります。

多分、ケンカしただろうと思う。

だけれども、楽しい道のりになったんじゃないかなと想像しています。

 

人それぞれ、峠を歩いてます。

どの道も、勾配はどうあれ、それなりの苦楽があると思います。

なんたって、山に加えて、上、下ですからね。

上りも辛いけど、下りがキツい時もあります。

誰だって、辛い時は辛いんです。

近頃、自分は、下りがやけに膝にきて、苦痛です。

 

軟骨が磨り減った関節を摩りつつ思うのです。

この峠を越えても、次の峠があるんだろうなと。

別に無理して行くことも無いのですが、どうせなら挑戦したいなんて考えちゃいます。

そういう風に、肉体的には衰えても、精神的には前向きでいたいものですね。

 

✳︎峠 上・中・下巻セット (新潮文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/B00D2ZC9TU/ref=cm_sw_r_cp_api_ge3tzbR7E75X1