Change the world.

f:id:kati-bow:20170310123826j:image

 

福島第一原発が爆発しました。」

電気の遮断された暗闇の中。

手回しラジオから流れる焦燥したキャスターの声。

鮮明に覚えてる。

あれから、6年。

 

いつか、故郷の為に、なんて考えてました。

福島で生活することが復興になる。

そんな話に、共感し、帰ろうと思ったわけです。✳︎1

地位も、知識も無い。

あるのは、体力だけだから。

そうして、1年間働いてきました。

 

無力だなぁと肌で感じます。

この手で、放射能を取り除ける訳でも無い。

わずかながら、税金を支払うくらい。

そもそも、元通りになんて無理なのだと思う。

 

僕等は、過去に戻ることは出来ない。

私達は、未来に進むことは出来る。

後に引けないのであれば、前に進むしかないでしょう。

ドラエもんが言ってました。

「未来は変えることができるんだ。」って。

 

あの時に、ああしていたら、こうしていれば。

"たら"と"れば"は、尽きない。

愛車がデロリアンなら、やり直したい。

そう考えることもあるけれども。

今は、過去に行きたいと思わない。

過去を変えても、今が良くなるだけだから。

現在を変えて、未来を良くできたら良いですね。

 

今を変えるには、何をすべきか。

自分が何が出来るのだろう。

ほんの少しだけだけれども。

誰かを微笑ませることは出来ると思う。

くだらない冗談。

ちょっとした手紙。

やや気が利いた一言で。

"君が笑えば  この世界中に  もっともっと  幸せが広がる

君が笑えば  すべて良くなる"✳︎2

きっと未来も良くなる。

 

✳︎1;はじめての福島学 https://www.amazon.co.jp/dp/478161311X/ref=cm_sw_r_cp_api_yXHWybT45W0CN

 

✳︎2:AI ハピネス