読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張ったで賞。

f:id:kati-bow:20170121105613j:image

明日は、英検。

実力不足と分かってながらの受験。

まあ、またトライしましょう。

1点ずつでも上げていけばいい。

1年に1つ、資格取得が目標です。

 

昨年は、危機的状況でした。

苦し紛れに、唐揚げ検定なるものに合格。

カラアゲニストの称号を頂きました。*1

こういうの好きです。

役に立つ、立たないは別として。

英検も正直、意味はないと思います。

非公式なカラアゲニストも。

公式的な英検も。

なんら変わりない。

なのに、取ってどうするの。

と良く言われます。

ずばり、頑張った賞が欲しいから。

 

劣等感が、服を着て歩いている。

それが、自分だと思う。

サイヤ人でいう下級戦士。

エリート戦士には、敵わないみたいな。

とりわけ、学力にはコンプレックスがあります。

高校、短大、大学と正規のルートで進学してません。

全て、推薦と編入という荒技を駆使してきました。

つまり、センター試験などは経験してません。

頭の中身は、スカスカです。

そのため、他人と比較し、自分を蔑む傾向があります。

その一方で、上に行きたいという我欲が強い。

"自己嫌悪と自己顕示欲は、双子のようにつながっている。"*2

要するに、病的な自己嫌悪。

その症状が、異常な自己顕示欲。

それが、自分を資格取得に走らせたのでしょう。

 

他人に負けたくないと臨んできた資格試験。

ただただ、苦しいだけでした。

結果も散々。

他人より上を目指すこと。

それが、そもそもの目的だったんだろうか。

自分を高めること(視野を広げるために)。

それこそが、本当の目的だったじゃないか。

 

と思い出したのが、昨年末。

英検申し込みの期限日の夜。

締め切りの1時間前まで悩んだ。

手遅れだけど、やれるとこまでやろう。

そう思えたので、申し込みました。

明日の朝はまで勉強は楽しめそうです。

英検準1級なのに、テキストは基礎英語3だけれども。

ともかく、前向きに臨みます。

 

資格取得は、自分を高める1つの手段に過ぎない。

別に、資格なんて無くてもいい。

生きていけるし、仕事も出来る。

ただ、リアルな証拠がたまに欲しくなる。

 

機械的な薄っぺらい「認めます。」なんていう証書じゃなくていい。

人間的な厚みのある「良くやった。」という一声でいい。

自分で、自身にそう声をかけれたら、それで良し。

それが、五輪のメダルより光輝く、頑張った賞なのだから。

 

*1唐揚げ協会HP,http://karaage.ne.jp/kentei/

 

*2憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4062815214/ref=cm_sw_r_cp_api_IuRGybKRFHCP2