リトライ。

f:id:kati-bow:20161230101954p:image

来年の抱負を手帳に、書き込む。

大晦日の個人的行事です。

Retry and error.

そんな2017年を過ごしたい。

 

今年も、それなりに頑張った。

やり遂げたこともちらほら。

娘とアンパンマンミュージアムに、行ったり。

ライミングツアーに、出たり。

失敗や未挑戦は、いっぱい。

英検は、ボロボロだったり。

課題は、登れなかったり。

それらに、また挑む。

また駄目でも、さらに挑む。

またまた駄目でも、さらにさらに挑む。

努力する年にしたい。

 

「前向きな苦労」が、努力と解釈しています。

ある事柄に、後ろ向きに取り組めば、苦労で終わる。

ある事柄に、前向きに取り組めば、努力が残る。

同じ苦労するなら、努力した方が楽しいよね。

そんな風に、考えてます。

 

しかしながら、努力が実を結ぶとは限らない。

大半は、芽を出さない。

こんなに、やったのにと。

だけれども、努力が花咲くこともある。

極稀に、芽吹く。

あの時、やっといて良かったと。

だから、続けられる。

そして、始められる気がします。

 

とはいえ、途中で諦めざるを得ない時もある。

物理的、経済的な理由で。

どうしても、駄目だということもある。

政治的、社会的な事由で。

挫折は、思い出したくもない経験かもしれない。

そんな記憶は、忘れた頃、突然、姿を変えて現れる。

"苦い思い出も、そのうちには楽しい思い出に変わる時もあるだろうよ。"

(三銃士 アトス)*1

そんな日々を、ほくそ笑める日がやって来る。

 

人生は、トライとエラーの繰り返し。

大体失敗、時々万歳。

ほぼ悲劇の連続です。

阿鼻叫喚な毎日。

真剣に、冗談にもならない日もある。

本気で、泣きたくなる時もある。

だけれども、不思議とまた笑える。

悲劇を喜劇に、変化させる触媒。

「あの時、頑張った。」

そういう気持ちなんだと思います。

 

リトライする気力。

エラーする勇気。

繰り返す図太さ。

それらを身に付けることが、新年の目標です。

この岩の上に立つ。

それも、成長した証の一つとなるのでしょう。

立てなくもいい(そんな簡単なものではない)。

やり続けることを大事にしたい。

諦めてもいい(自分が納得する理由があるなら)。

やり続けたことに、意義があるから。

けれども、やっぱり登り切りたいですね。

 

良いお年を。

 

*1三銃士〈下〉 (岩波文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4003253396/ref=cm_sw_r_cp_api_OWBzyb89H9BV8