ピータン。

f:id:kati-bow:20170324203948j:image

後輩を連れ、晩ご飯。

食わず嫌いというピータンをご馳走。

自分自身も初体験。

期待と不安が入り混じる中、震える箸で口に運ぶ。

パンチの無さに、安堵しつつも失望を覚える。

すごく美味いか、とんでもなく不味いか。

それを、期待してたのに。

 

ゴロゴロとした塊が嬉しいレバニラ炒め。

鼻頭が汗ばむ山椒の効いた麻婆豆腐。

期待外れのピータン

シャキッとしたザーサイ。

それらをツマミに、これまでとこれからを語り合う。

コンビネーションが良くなる頃に別れが来る。

残念だけれど、それぞれの道がある。

快く送り出す。

それが、彼に捧げるせめてもの華向け。

先輩が、自分の門出を飾ってくれたように。

 

学校や社会に入ると、嫌なことが多少ある。

先輩、上司から言われて辛かった。

そんな経験は、全人類の共有財産で世界遺産

「何を今さら。」

社会に出て、言われて一番キツかった。

その棘は、今だに突き刺さったまま。

抜けないし、そのままにしておこうと思う。

加えて、心に決めたんだ。

同じ言葉を後輩には絶対に言わないと。

 

昔は、こうやって鍛えられた。

オレは、そう教わった。

だから、お前にもそうするんだ。

それが、間違いとは思わないけれども。

あなたは、嫌じゃなかったのかい?

そう問出したくなる。

先輩にやられて嫌だったことを、後輩に繰り返す。

負の連鎖は、どこかで断ち切らねばならない。

先輩からされて良かったことを、後輩に繰り返す。

正の連鎖は、いつまでも繋げていきたい。

 

ご飯を奢る(安いけど)。

本を上げる(中古だけど)。

厳しいことを言う(たまに)。

先輩にされて良かったなぁということは繋げたつもり。

だから、彼にはお願いした。

オレにされて嫌だったことは後輩にするな。

オレにされて良かったことは後輩にする。

この二つを守って欲しいと。

彼曰く、自分にされて嫌だったのは、現場での顔が恐ろしいことらしい(本人は普通のつもり)。

にこやかな彼だから、そこは問題ない。

自分にされて良かったのは、こうやって安飯を奢ってもらったことくらいだろう。

それだけでも構わない。

そのまた後輩へと、繋げて欲しい。

 

一月もすれば、説教は頭の片隅へ追いやられる。

半年も経てば、記憶は彼方へ飛んでいく。

一年後には、それらは無かった存在のようになる。

どこで、誰が、何だったか。

お店の場所、自分の名前、言われたこと。

霧がかかり、曖昧になっていく。

大体、そんなもんだ。

霧が晴れて、明確になる。

時々、そんなこともあるはずだ。

そんな日に、思い出して欲しい。

ピータンの微妙な味。

自分のしかめっ面。

彼自身が繋げていく正の連鎖を。

Change the world.

f:id:kati-bow:20170310123826j:image

 

福島第一原発が爆発しました。」

電気の遮断された暗闇の中。

手回しラジオから流れる焦燥したキャスターの声。

鮮明に覚えてる。

あれから、6年。

 

いつか、故郷の為に、なんて考えてました。

福島で生活することが復興になる。

そんな話に、共感し、帰ろうと思ったわけです。✳︎1

地位も、知識も無い。

あるのは、体力だけだから。

そうして、1年間働いてきました。

 

無力だなぁと肌で感じます。

この手で、放射能を取り除ける訳でも無い。

わずかながら、税金を支払うくらい。

そもそも、元通りになんて無理なのだと思う。

 

僕等は、過去に戻ることは出来ない。

私達は、未来に進むことは出来る。

後に引けないのであれば、前に進むしかないでしょう。

ドラエもんが言ってました。

「未来は変えることができるんだ。」って。

 

あの時に、ああしていたら、こうしていれば。

"たら"と"れば"は、尽きない。

愛車がデロリアンなら、やり直したい。

そう考えることもあるけれども。

今は、過去に行きたいと思わない。

過去を変えても、今が良くなるだけだから。

現在を変えて、未来を良くできたら良いですね。

 

今を変えるには、何をすべきか。

自分が何が出来るのだろう。

ほんの少しだけだけれども。

誰かを微笑ませることは出来ると思う。

くだらない冗談。

ちょっとした手紙。

やや気が利いた一言で。

"君が笑えば  この世界中に  もっともっと  幸せが広がる

君が笑えば  すべて良くなる"✳︎2

きっと未来も良くなる。

 

✳︎1;はじめての福島学 https://www.amazon.co.jp/dp/478161311X/ref=cm_sw_r_cp_api_yXHWybT45W0CN

 

✳︎2:AI ハピネス

レクサスはサクセスか。

f:id:kati-bow:20170203194315j:image

知人が、レクサスを買ったらしい。

車は、ステータスの一つだと思います。

持ち主の素性を表す。

お金持っている人。

山好きな人。

レースが好きな人。

おおよそ、乗る車は決まっている気がします。

自分の中のレクサス。

成功した人の乗り物というイメージです。

 

車には、負い目があります。

娘が、通う保育所

妙に、ピカピカで、高そうな車ばかり。

その中、自転車で迎えに行く。

良くも悪くも、視線を感じました。

子供は、時に残酷です。

娘を乗せていた時、駆け寄ってきた幼稚園児が一言。

「何で、自転車なの?おかしい。」

泣きそうになった。

自分は、まあ仕方ない。

だけれども、家族がそういう目で見られてる。

そう思うと、申し訳なくて、情けなくて。

レクサスを見ると、その時の気持ちが甦ります。

 今思えば、家族は、そんなの気にしてなかったでしょう。

高級車より高めのアイスの方が嬉しかったと思う。

 

レクサスは、成功の象徴だと思う。

相応の努力無しには、シートに座れない。

知人も、長年の下積みがあったから、ハンドルを握ってる。

でも、高級車に乗るために努力した訳ではないと思う。

レクサスは、成功のおまけに過ぎない。

 

何を持って成功とするかは、人それぞれ。

レクサスに乗る私は、ちょっとした悪夢に思える。

GODIVAのアイスを購入する自分は、見栄っ張りにしか見えない。

荷物を積んだサクシードが似合う。

そういう人物でいたい。

たまにハーゲンダッツを買って帰る。

そういう父親でいたい。

それが、自分のサクセスなんでしょう。

 

現実に目を向けると。

運転席には、サクシードどころか、アルトで満足している。
コンビニでは、ハーゲンダッツに怖気付き、ピノをカゴに入れてしまう。

想像以上に、小さな人間がそこにいる。

 今しばらく。

もしかすると一生。

軽自動車とピノで、耐え忍ぶのかもしれない。

 

でも、最近は思うのです。

軽で、家族が、ギュウギュウ詰めで、ドライブするのも悪くないよなって。

ピノも、みんなで、ワイワイ分け合って、一粒ずつ食べるのも良いよなって。

それはそれで、幸せだよねと。

いつか、きっと。

 f:id:kati-bow:20170129062528p:image

昨年末から触り始めたカンテ。

スタンスあるし何とかなるだろう。

と思ったのは最初だけ。

すぐにのはずが、いつのことやらに。

 

まず、門前払い。

離陸がままらない。

思ったよりも、傾斜が強い。

お約束通りに、ホールドとスタンスは欠ける。

ちょっと妥協し、ようやくスタート(下の岩をオッケーに)。

 

一難去ってまた一難。

ガバカチ取れても動けない。

だから、カンテは嫌いと一人言。

毒付きながら、ホールドを探る。

 

デッドでたたく。

ただただはたく。

布団干しのように無心でたたく。

高度を上げては下げ。

位置を奥から手前へ。

何度も探る。

 

人生は山あり谷あり。

場所が掴めてきた矢先、手首痛める。

だから、カンテは嫌なんだと一人愚痴る。

テーピングを巻き、ムーヴを固める。

 

ライミングをする日の朝。

THERMOSに、熱いコーヒーを注ぎながら思う。

今日は、登れると。

車中で、ちょうど良い温度のコーヒーをすすりながら、思案する。

今日は、このムーヴで行こう。

岩場で、ぬるくなったコーヒーをガブ飲みしながら、悩む。

「いつ」、登れんだろと。

 

次回かもしれない。

またその次回かもしれない。

その「いつか」は、起こらないかもしれない。

でも「いつか、きっと」を信じて、僕等は岩場に向かう。

いつ出来るかは、わからないけれど。

 

どれだけ、強く願っても。

どれだけ、指皮をすり減らしても。

その時が、来ないこともある。

それは、分かってる。

その時は、準備をしていない者を訪れない。

これも、知ってる。

 

だから、今日も私はカンテをはたく。

手首は痛いし、嫌になることもある。

マットが滑り落ちて、腹が立つ。

傷みも忘れて、喜ぶこともある。

スタンスの一つ上げられた。

mm単位に一進一退に、一喜一憂する。

もう少しかなぁと。

 

恐らく、来週も私はカンテをはたく。

そして、再来週も私はカンテをはたいている。

いつか、きっと、絶対に、と願いつつ。

そんな気がする。

頑張ったで賞。

f:id:kati-bow:20170121105613j:image

明日は、英検。

実力不足と分かってながらの受験。

まあ、またトライしましょう。

1点ずつでも上げていけばいい。

1年に1つ、資格取得が目標です。

 

昨年は、危機的状況でした。

苦し紛れに、唐揚げ検定なるものに合格。

カラアゲニストの称号を頂きました。*1

こういうの好きです。

役に立つ、立たないは別として。

英検も正直、意味はないと思います。

非公式なカラアゲニストも。

公式的な英検も。

なんら変わりない。

なのに、取ってどうするの。

と良く言われます。

ずばり、頑張った賞が欲しいから。

 

劣等感が、服を着て歩いている。

それが、自分だと思う。

サイヤ人でいう下級戦士。

エリート戦士には、敵わないみたいな。

とりわけ、学力にはコンプレックスがあります。

高校、短大、大学と正規のルートで進学してません。

全て、推薦と編入という荒技を駆使してきました。

つまり、センター試験などは経験してません。

頭の中身は、スカスカです。

そのため、他人と比較し、自分を蔑む傾向があります。

その一方で、上に行きたいという我欲が強い。

"自己嫌悪と自己顕示欲は、双子のようにつながっている。"*2

要するに、病的な自己嫌悪。

その症状が、異常な自己顕示欲。

それが、自分を資格取得に走らせたのでしょう。

 

他人に負けたくないと臨んできた資格試験。

ただただ、苦しいだけでした。

結果も散々。

他人より上を目指すこと。

それが、そもそもの目的だったんだろうか。

自分を高めること(視野を広げるために)。

それこそが、本当の目的だったじゃないか。

 

と思い出したのが、昨年末。

英検申し込みの期限日の夜。

締め切りの1時間前まで悩んだ。

手遅れだけど、やれるとこまでやろう。

そう思えたので、申し込みました。

明日の朝はまで勉強は楽しめそうです。

英検準1級なのに、テキストは基礎英語3だけれども。

ともかく、前向きに臨みます。

 

資格取得は、自分を高める1つの手段に過ぎない。

別に、資格なんて無くてもいい。

生きていけるし、仕事も出来る。

ただ、リアルな証拠がたまに欲しくなる。

 

機械的な薄っぺらい「認めます。」なんていう証書じゃなくていい。

人間的な厚みのある「良くやった。」という一声でいい。

自分で、自身にそう声をかけれたら、それで良し。

それが、五輪のメダルより光輝く、頑張った賞なのだから。

 

*1唐揚げ協会HP,http://karaage.ne.jp/kentei/

 

*2憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4062815214/ref=cm_sw_r_cp_api_IuRGybKRFHCP2

冒険が足りない。

f:id:kati-bow:20170115202225j:image

大雪で、道路は凍結。

ラジオでは、広瀬香美さんが絶叫。

ゲレンデがとけるほど恋したいと。

冬ですね。

 

季節のせいか、読書は寒地関連が中心でした。

植村直己さん、星野道夫さん。

俺の人生、冒険が足りない。

そういう感想を持ちました。

というより、冒険心が欠けていた。

 

人は、何を求めて冒険するのか。

植村さん曰く。

"恐ろしさを知らないうちは大胆で、いろんなことが勇敢に行える。

恐ろしさを知ってしまうと、その上での勇気はなかなか出てこない。"*1

敢えて、未知の世界に飛び込む。

萎縮する自分からの脱却。

それも目的の一つな気がします。

 

自分は、本当の恐ろしさというのを知らない。

というのも、恐いものを避けて来たから。

性格的なものです。

慎重というよりはビビり。

怖いと感じたら、逃げて来ました。

それが、悪いとは思いません。

ただ、萎縮していく自分が分かります。

このままでも、ある程度までは行ける。

だけれども、それ以上は進むことはできない。

彼の地に、足を踏み入れる。

その為には、いつもより一歩前に出る必要があります。

 

"暗闇でジャンプする。"*2

そんな言葉を思い出しました。

同じ意味だと感じます。

知っている場所での冒険。

明るい場所でのジャンプ。

安全だけど、得られるものは少ない。

知らない世界での冒険。

見えない場所でのジャンプ。

危険だけど、得られるものは多い。

そんな気がします。

 

自分は、冒険も、ジャンプもしていない。

冒険心が無かったから。

車は、ある。

時間は、微妙にある。

財布の中は、余裕ないけど。

心の中は、余裕ある。

今、行かずして、いつ行く。

中年になり、そんな気持ちになりました。

今更、という気がします。

今だからこそ、という気もする。

 

まずは、近くから。

徐々に、遠くへ。

2年後には、ヨセミテへ。

まだ、遅くない。

冒険に出よう。

 

*1北極点グリーンランド単独行 (文春文庫 (178‐4)) https://www.amazon.co.jp/dp/4167178044/ref=cm_sw_r_cp_api_hzzFybSBD7AA4

 

*2編集者という病い (集英社文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4087464180/ref=cm_sw_r_cp_api_6zzFybYG7HSVW

 

 

 

春よ来い。

f:id:kati-bow:20170107175956p:image

「0丁」は、霊山の象徴的な課題だと思う。

人が立ち止まる造形美。

トライを躊躇する威圧感。

落ちる毎に溢れ出すアドレナリン。

開拓時からの憧れ。

 

真剣にやるのは、今シーズンが初。

というより、逃げていただけです。

0丁という課題に立ち向かう。

それは、言い訳がましい自分と向き合うことに等しい。

 

さて、1日目。

下部のムーヴを自動化。

久しぶりに握るホールドは、昔より良く感じる。

けれど、ランディングを意識し過ぎて、手が出せない。

スタンスにも自信が持てず、ドスドス落ちる。

どう着地すべきかは分かったけど、腰にくる。

ヘルニア持ちには、ちょいキツい。

 

さてさて、2日目。

落ち方はマスターしたので、手を出す。

リップ手前のホールドが、想定よりも悪く、動けない。

青虫のようにモゾモゾするのみ。

指皮がめくれて敗退。

 

さあ、3日目。

元旦に、初詣代わりにトライ。

リップが目の前なのに、手が出せない 。

もどかしい時間を過ごす。

最後のトライで、首を痛めて終了。

翌日、ムチウチ

 

さあさあ、4日目。

アプローチは雪化粧。

今シーズン最後かなと思いながら、道を歩く。

回数を重ねるごとに、分かってくる。

ようやく、気が付きました。

このホールドは持つんじゃない。

このホールドは効かせるんだと。

日は陰り、爪先もかじかむ、気合は十分。

 

もはや、ムーヴは自動化。

手に付いた砂を払うタイミングも同じ。

下部をこなし、間髪入れずに上部に突入。

左カチを握り込み、右をオープンハンドで引き付ける。

左足を上げ、左手を伸ばす。

カチ持ちしたい気持ちを抑えて、体重を左手に預ける。

そして、目の前のホールドに右手を寄せる。

左手が吐き出されるのを感じつつ、落ちていく。

 

もう数トライしたかった。

夕暮れで、スタンスが不明瞭。

寒さで、ランディングが圧雪。

生半可な集中力では危険と考え敗退しました。

 

結局、弱い自分を直視するだけでした。

本当に、情けないと思う。

同時に、悔しいなと思う。

昔は、情けないとしか考えなかった気がする。

今は、悔しいと本気で考えている。

相変わらず、自分は弱い。

だけれども、悔しさを感じる強さはついたのかな。

 

季節的に、春に持ち越しです。

心身を鍛えて、待ちたいと思います。

もう1日、チャンスないかと狙ってますが。

いずれにせよ、まだ言い訳がましい自分との闘いは続きそうです。