読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目玉焼きと娘に学ぶ。

f:id:kati-bow:20161016062520j:image

近頃、仕事で分析をしています。

実験アレルギーです。

何故か。

科学の知識が乏しい。

薬品がおっかない。

何よりも失敗が恐い。

そんな考えを転換する出来事がありました。

 

先日、娘が唐突に「卵をパカンする!」と言い出しました。

どうも、フライパンで焼きたいらしい。

卵を落としたり。

熱したフライパンを触ったり。

塩をこぼしたり。

なんだかんだあったけど、やり遂げました。

 

この子は、失敗を恐れていただろうか。

卵を落としても、彼女のように悔しがれば良い。

熱したフライパンを触ったら、彼女のように繰り返さえなければ良い。

塩をこぼしたら、掃除すれば良い。

娘に、教わりましたね。

 

よくよく考えると、料理と実験は何が違うと言うのだろう。

料理本は実験書。

家電は分析機器。

調理器具は実験器具。

調味料は薬品。

料理は科学。*1-4

オレは、ご飯だって炊けるし、炒飯も作れる。

実験、出来ないわけないじゃん。

そんな、単純な私です。

 

最初の実験は、器具を落としたり、触ったら熱かったり、サンプルをこぼしたり。

挙句の果てに、スイッチ切り忘れて、夜中に職場に戻ったり。(ちゃんと切ってあり、悔しかったので、コンセント抜いて帰りました。)

散々でした。

でも、良いんです。

今は、失敗や成功より、挑戦の数が大事と思うから。

 

きっと娘は、美味しい目玉焼きが作れるようになる。

失敗を繰り返しながら。
必ず自分も、正確な分析ができるようになる。

挑戦を繰り返していれば。

娘が作った美味しい料理が食べられる。

そんな、日が来る。

その前に、お父さんは、まともに実験出来るように、頑張ります。

 

*1料理の科学〈1〉素朴な疑問に答えます https://www.amazon.co.jp/dp/4903063577/ref=cm_sw_r_cp_api_ivQaybMBDG7KD

 

*2料理の科学―素朴な疑問に答えます〈2〉 https://www.amazon.co.jp/dp/4903063585/ref=cm_sw_r_cp_api_dwQayb91G0E6X

 

*3続・料理の科学1─素朴な疑問に再び答えます─ https://www.amazon.co.jp/dp/4903063666/ref=cm_sw_r_cp_api_IwQaybEC5KHCT

 

*4続・料理の科学2─素朴な疑問に再び答えます─ https://www.amazon.co.jp/dp/4903063674/ref=cm_sw_r_cp_api_5xQayb5X5RR3A

 

 

 

 

 

 

 

官能小説が好き。

f:id:kati-bow:20161013200658j:image

ものを覚え方は、人によって違う。

自分は文字。

映画より原作が好き。

テレビより新聞が好き。

エロ本より官能小説が好き。

そんなタイプです。

 

「私達は、映像でものを記憶するので、視点が少し違います。」

自閉症の書き手が、そのようなことを著書で述べていました。*1

裸の大将こと、山下清さんは、絵をその場ではなく、スケッチと記憶を頼りにアトリエで書きあげたそうです。

 

一方、ルーティンで有名なラグビーの五郎丸さん。

一連の流れを、ビデオで見て、文章化したそうです。

その結果、助走が8歩であると気が付き、完成に至ったと書かれていました。*2

 

仕事、考え、気持ちなど。

大事なことは、文字に起こして、頭に刻んできました。
だから、メモは馬鹿みたいにとる。
昔、上司から、いちいちメモしないで、覚えろと怒られた経験もあります。
見て、覚えろ。
出来ないから、書くしかなかった。

 

どの方法が、良い悪いは無い。

自分に合ったものが、一番です。

映像や文字に、限りません。

音、数字あるいは色という人もいると思います。

自分はやっぱり文字。

いちいち書くのも、不器用な自分らしくて良いかなと思います。

後々、振り返れるのも魅力ですね。

 

とはいえ、官能小説は読みませんよ。

誤解の無いように。

 

*1動物感覚―アニマル・マインドを読み解く https://www.amazon.co.jp/dp/4140811153/ref=cm_sw_r_cp_api_yBG.xbER891SG

 

*2五郎丸日記 https://www.amazon.co.jp/dp/4408455830/ref=cm_sw_r_cp_api_wLP.xbTT3HFEZ

 

 

"Must "より"Want"。

f:id:kati-bow:20161009115132j:image

最近、クライミングが充実している。

遠征しているわけでもないし、難しいものを落としたわけでもない。

単純に、登りたいものを登っているからだと思います。

 

初登、見た目、グレード、ハイボールにクラシック。

登りたいと感じる要素は千差万別。

"岩の真ん中を突き抜ける"

それが、自分の好みです。

薄かぶりで、カチなら文句なし。

具志頭のSNCは、その意味でも忘れ難いです。

 

ロクスノの遠征記事で、佐藤裕介さんか横山勝之さんが、

「この壁を見て、登らないのは、クライマーとしてどうなんだ?」

と書いていた記憶があります。(間違ってたら、すみません。)

「この壁を見て、登らないのは、青山勝也としてどうなんだ?」

という岩が、たまたま家の近くにあって、簡単だっただけ。

彼らとは、余りにもレベルが違うけれど、一緒のつもりです。

 

ジムでも、岩でもいい。

高くても、低くてもいい。

難しくても、簡単でもいい。

何でもいい。

自分の価値観を信じるんだ。

 

みんなが、やってるから、登らなくては。

ではなく。

自分が、やりたいから、登りたい。

"Must"より"Want"。

それが一番大事と思います。

 

 

活人剣。

f:id:kati-bow:20161004204328j:image

先日、「パパ来ないで!」と切り捨てられました。

心は、膾切り状態。

言葉は、凶器。

会話は、白兵戦。

間合いをとり、斬り合い、かわし、いなす。

やるか、やられるかの真剣勝負。

電話、会議に、口ゲンカ。

日々、私達は戦う。

会社、家庭に、ショッピング。

日々、我々は戦地に赴くのです。

言葉という武器を手に。

 

日本刀のように、鋭い切れ味を持つ。

鋸のように、治りにくい傷痕を残す。

その人、特有の言葉使いがあります。

フェンシングのように、急所をつく。

剣道のように、真正面から向かい合う。

それぞれ、独特の喋り方をします。

 

「重たい斧を、ゆっくり持ち上げて、正面から振り下ろす。」

自分はこんなとこでしょうか。

薪割りのイメージです。

言葉が重いから、受け止めにくい。

ゆっくり持ち上げるから、逃げやすい。

正面から振り下ろすから、かわしやすい。

ついでに、薪に集中し過ぎて、周囲が見えてない。

それでいて、的を外す。

ようするに、めんどくさい奴です。

自分は、言葉に敏感です。

他人の一言で、時に傷付き、時に救われました。

言葉の力を知っているからこそ、めんどくさくても、言葉を選びたいと考えています。

 

心ない言葉で、傷付いた。

たった一言で、救われた。

という経験は、誰にでもある。

悪口で、人は悲しむ。

パワハラで、人は傷付く。

冗談で、人は笑い。

プロポーズで、人は結びつく。

同じ剣術なら、殺人剣よりも活人剣を極めたい。

「剣は凶器、剣術は殺人術。

どんな綺麗事やお題目を口にしても、それが真実。

薫殿の言っている事は、一度も己の手を汚したことがない者が言う甘っちょろい戯れ言でござるよ。

けれども拙者はそんな真実よりも、薫殿の言う甘っちょろい戯れ言の方が、好きでござるよ。」

るろうに剣心、第1巻より引用)

俺も好きでござるよ。

 

 

 

 

堪忍袋の緒が切れる前に。

 f:id:kati-bow:20161001120948j:image

気が長くなったと思う。

昔は、瞬間湯沸かし器みたい。

今は、T-fal電気ケトルくらい。

いつかは、タイガーの電気ポットのようになりたい。

お湯が、沸く時間と温度をタイマー調節出来る。

適時、適宜に、怒るみたいなね。

 

自身を律すべき場面は、存在します。

抑え切れない時もちらほら。

そんな場合は、妄想します。

対個人であれば、もし俺が、ストIIザンギエフだったら、スクリューパイルドライバーを決めてやるのに。

対団体であれば、もし俺が、ドラゴラムを唱えられたら、なぎ倒してやるのに。

とか。

 

短気は損気。

言われ続け、四半世紀。

短気のベテランとしては、ハーフハーフと考えてます。

感情の起伏があるのも、人間らしくて良いのかなと。

何時も、ニコニコでは腹立つし。

何事にも、ポーカーフェイスでは怖いし。

とはいえ、何でもかんでも、キレられては困りものです。

 

だから、怒りを制御する必要がある。

やり過ごすべき時は、やり過ごす。

怒るべき時は、怒る。

それを、身に付けなくてはならない。

堪忍袋の緒が、切れる前に、緩める術を。